住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

不動産関連の問題

ハウスマートのDMCAを悪用した当ブログ記事の検索結果からの削除について。元記事を再掲します

最近は新しい仕事で忙しく、こちらは放置状態になってしましました。 今回、久しぶりに記事を書いたのは、ひとつ問題が起きたからです。 2015年に書いたハウスマートという会社の問題の記事について、この会社が、プレスリリース、画像、テキストを許可なく…

中古マンションはおすすめでも、将来、損をするかしないかは不透明

先日、話題になったこの記事です。 ouchi-iroha.jp 主旨である中古マンションのメリット自体には大きく賛成なのですが、細論についてはあまり感心できません。 個人的にも中古マンションの方が新築よりも損をしにくいというのは、前々からずっと書いてきてい…

データが改ざんされた横浜の施工不良マンションとマンションの10年

www.tokyo-np.co.jp 横浜の三井のマンションの件はずいぶんと問題が大きくなっています。施工会社の三井住友建設が株価も大きく値下がりしていたのですが、下請けで工事を行った旭化成の子会社である旭化成建材のデータ改ざんだということで落ち着く(?)よう…

人口減少が必ずしも全国の賃貸が借り手市場にならない可能性

最近、すっかり復活した持ち家vs賃貸の不毛な争いですが、今後の日本の人口減少が賃貸市場において、借り手に有利になる可能性がよく論じられています。 (2)将来推計人口でみる50年後の日本|平成24年版高齢社会白書(全体版) - 内閣府 未来の予測、それ…

今のJリートに再上昇は厳しいか?

焦点:「ぬるま湯」のJ─REIT、急落招いた日銀依存jp.reuters.com 東証リート指数はあくまでも指数なので、ぬるま湯という表現はどうなのかなと思いますが、それはあくまで比喩ということで。 リートの状況は国債の利回りの状況に左右されるところも大き…

業績好調の新築そっくりさんのネット上での評判がよくない理由

住友不動産「新築そっくりさん」、受注累計9万戸突破 (1/3)bizmakoto.jp 新築の半額をキャッチコピーに、古くなった住宅をリフォームでまさに新築のようにするという住友不動産の「新築そっくりさん」が、年商1000億円の商品に成長しているそうです。 リフォ…

最近話題の不動産仲介のワードとITベンチャーへの開放の良否

首都圏を中心とした不動産の好調の反面、仲介業に対する慣習の問題や、新しい仕組みの導入といった話もよく出てくるようになりました。ここ1年でよく見かけるようになった仲介に関するワードを3つほど書き留めます。 photo by flazingo_photos 両手取引 仲介…

空き家バンクを眺めていて気になったことを

今のところ、住まいを変える予定はないのですが、将来もこの場所に住み続けるべきなのかどうかという疑問もあります。たしかに今の住まいは便利な場所にあるのですが、周囲の事情をみていますと、昔と比べると近所から小さなスーパーや店舗がかなり消えてい…

サブリース前提のアパート経営の話に乗ってはいけない

先日放送されたクローズアップ現代の内容が大きな話題を呼んでいます。 アパート建築が止まらない ~人口減少社会でなぜ~www.nhk.or.jp 私もこの手の営業をかけられて迷惑をしていたことがありましたので、他人事ではありません。代わる代わる不動産業者が…

敷金を超えた修繕費! 支払義務のない追加請求の対策は

敷金を取り返すのは、理屈とは違って実際には難しいという話を前に書いたことがあるのですが、原状回復を超えた請求をされた場合の対処はきちんとした対応をすればそう難しいことではありません。簡単という書き方をすると語弊がありそうですが、おそらくは…

取得価格のわからない空き家の売却では税金や扶養控除の適用にも注意を

これまで空き家問題の対策はいくつかあげられていますが、固定資産税の軽減に関する話題が中心でした。家屋があれば土地の固定資産税が大幅に軽減されるため、その制度を廃止する。これにより危険な空き家の売却が進むようになることが期待されています。 し…

上重アナから学ぶ? 住宅取得費用の援助で贈与扱いを避けるためには

日テレの上重聡アナウンサーが、マンションの取得金額1億7千万円をスポンサーである ゴシップ的な内容はさておいて、親子間で住宅取得資金を援助する、あるいは援助を受けることはよくありますので、融資でなく贈与として扱われないためのお話を。 無利息で…

空き家問題で、行政とタイアップしていると偽る不動産業者があらわれる

数日前の話題ですが、空き家問題を逆手に取った詐欺のニュースが出ていました。 空き家問題:所有者に大量DM 文面行き過ぎ、練馬区注意 - 毎日新聞mainichi.jp 昨年からポツポツとTVでも空き家問題が放送していましたので、そのうち逆手にとる業者が出てく…

ハイリスクを無視する不動産投資推奨記事

実は手持ち資産が少なくてもOK 不動産投資のコツ 芸能人投資家2人がプロに聞いた運用のポイント 実は手持ち資産が少なくてもOK 不動産投資のコツ :月刊日経マネー 特集セレクト :コラム :マネー :日本経済新聞 もう露骨な広告記事なのですが、それ…

名古屋とその周辺における戸建志向とクルマ社会

少し前に東洋経済オンラインで3大都市圏で、10年前に購入したマンションがどのくらいの売却価格になっているかというランキングを記事にしていました。 中古マンション、「価格上昇」100駅ランキング | オリジナル | 東洋経済オンライン 中古マンション、「価格…

民法改正でも難しい敷金返還対策

賃貸からの退去後に不当な請求から敷金を取り戻すか、というハウツー的な記事はよく見ます。ちょうど民法改正で敷金関係の問題が話し合われていますし、現在でも悪質な敷金請求はめずらしいことでもありません。 ですが、こうした記事を読んで、簡単に敷金が…

不動産市場に大きな変化をもたらす空き家は少ない

先日、空き家の市場大量流出で不動産大暴落、という週刊誌ネタに反論を書いたのですが、そこで書き切れていない話を補足で。 法改正で税金6倍! 「空き家」は大急ぎで2月末までに売れ|矢来町ぐるり 法改正で税金6倍! 「空き家」は大急ぎで2月末までに売れ…

空き家のが日本の不動産を暴落させる可能性は低いのではないか

日刊ゲンダイ|法改正で税金6倍に 「空き家」大量売りで始まる不動産大暴落 日刊ゲンダイ|法改正で税金6倍に 「空き家」大量売りで始まる不動産大暴落 住宅用地の固定資産税の特例がなくなることから、空き家が大量に売りに出され、不動産価格が大暴落する…

住宅ローンによる老後破産対策はまず借り換えを検討

住宅ローンが計画通りに返済できず老後破産に追い込まれる、という話題を、今年に入ってまたよく聞くようになりました。 想定外の出費や人生計画の崩壊はそうめずらしいことではありません。事故や病気、家族の介護、災害、退職金の減額、勤務先の倒産、その…

新耐震基準でも85%の木造住宅が倒壊の危険性

木造住宅と耐震性に関するニュースです。 新耐震基準でも耐震不足のおそれ NHKニュース 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)の調査で、新耐震基準を満たした住宅でも、建築基準法が改正される前の2005年5月までに建てられた木造住宅では、85%もの建…

税制改正はどこまで住宅市場の活況につながるか

住宅ローン控除の延長や住宅取得資金の贈与税の非課税枠拡大など、住宅に関する税制改正にまつわる記事がSUUMOにアップされています。 2015年度の税制改正、住宅に関わる贈与税・住宅ローン控除…を解説 | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラ…

ひっかけ広告というひっかけ記事と、条件の悪い土地でも需要はある

先週、話題になった記事として、SUUMOやHOME'sなどの紹介サイトにひっかけ広告があふれている、というものがありました。 不動産業者の記事なので、これはどうもユーザーに誤解させて、自分のビジネスへの誘導をはかる記事だと考えているのですが、 おとり物…

「空家等対策の推進に関する特別措置法」逐条まとめ、が秀逸

「空家等対策の推進に関する特別措置法案」(通称、空き家対策特別措置法)が昨年の11月に、衆参両院ともに全会一致で可決されたのは、大きなニュースとなりました。 空き家対策の特別措置法成立と、これから - 住宅ローンと不動産のニュースまとめ この空き…

安易なアパート賃貸経営セミナーを絶対に信じてはいけない

あまり誉められない営業手法として、本当はたいしたことのない危機を煽るという定番の方法があります。 特に投資がらみでは、将来の不安を煽り、その対策として各種の金融商品やリスクの高いビジネスを勧め、手数料やコンサルタント料をいただくというのは少…

過疎化対策のための一部地域への人口集中とそのデメリット

不動産市場と地方の空き家対策について思考をまとめていたのですが、書いているうちにだいぶ方向が変わってしまいました。 ずいぶんと外れた内容になってしまっていますが、ご容赦ください。 人口を集中させてコストの削減 人口減少問題を抱えていく以上、ミ…

老後の住宅ローン破産はバブル期のツケ?

住宅ローンは危険すぎる?破綻者急増の実態 退職金減額、病気…売却しても巨額借金 | ビジネスジャーナル タイトルは煽っていますが、中身は老後破産の問題についてです。 老後破産の問題はここ最近よく話題になっており、このブログでも取り上げたことがあり…

空き家対策の特別措置法成立と、これから

空き家対策の特別措置法が成立 NHKニュース 「放置空き家」対策法成立 立ち入り調査可能に 「放置空き家」対策法成立 立ち入り調査可能に :日本経済新聞 すでにあちらこちらでニュースになっていますが、先日19日に空き家対策の特別措置法が、参議院本会議…

プロ野球選手に見る地方への移住と空き家問題の記事より

十一月も半ばとなり、ずいぶんと冷え込むようになりました。 書類を書く手が震えるのは寒さと庭仕事のせいでしょうか。 今日は地方への移住の話と、やっぱり空き家問題の記事を。

空き家の問題は現代日本の構造が抱える問題の縮図

郊外住宅地の見えない空き家 記事としてはデータが豊富で興味深いとおもうのですが、ブックマークなどでは内容よりもUIの方が話題になっているぽいのが残念です。 photo by s.gottschling 空き家の問題はなかなか難しく、なんどか取り上げていますが、空き家…

分譲マンションの質は築年数よりも周辺環境に影響されることが多いのではないか

マンション営業マンが勝手に語る「分譲マンションの心配事」その2 中部地方の某所とのことですが、値下がり具合を考えると、名古屋周辺ではないのでは? という感じがしますがどうなのでしょう。 関東圏から引っ越してこられた方が、こちらの価格は安いとよ…

木造賃貸の活用 防火と木造への誤解

”改修メニューを個別にカタログ化”「モクチンレシピ」(NPO法人モクチン企画連勇太郎さん) - 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ 木賃とは木造賃貸アパートのこと。 都内の住宅の10%が木造または防火木造アパート 都内の空き家の21.3%は木造…

戸建てでも修繕の費用と計画は必須のこと

マンション営業マンが勝手に語る「分譲マンションの心配事」その1 はてな匿名ダイヤリーにあがっていたものです。 中部地方の某都市でとあったので、おもわず反応。 これはどうなんでしょう。事実でもあり、一部の話でもあります。 マンションの修繕にかかわ…

空き家の仲介手数料アップを、という記事に対して

社説 空き家解決に一助 手数料アップ、考えてみては - 住宅新報web | 政策 先月、この記事を見たときに、ずいぶんと気になってどうしたものかなとおもいつつ、公開せずに途中で保留にしていました。 ですが、昨日の空き家問題の記事を紹介したので、その流れ…

借地人も固定資産税と都市計画税を把握しておこう +不当な地代の値上げ要求に対する実例

photo by Marooned 今も昔も地代の値上げを巡るトラブルは、不動産では定番のもめ事です。 適正な地代については、路線価や周囲の地代の平均価格から求める方法などがありますが、借地の固定資産税と都市計画税を参考にするというのもメジャーな方法です。 …

不動産取引時の重要事項説明 ネット解禁をめぐる攻防

大衆薬の次は不動産取引で 白熱するネット解禁論争 大衆薬の次は不動産取引で 白熱するネット解禁論争|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン 現在、物件の仲介には、契約時に宅地建物取引主任者の資格を持つ者が、対面で重要事項の説明を行うことが…

名古屋駅周辺の冠水被害と歴史

不動産を購入するにしろ賃貸にしろ、現地の下調べは必須です。特に災害に遭いやすい場所かどうかをチェックすることは、欠かさずにしておくべきです。 ここ数年、豪雨による被害が全国で相次いでいることもあり、物件の海抜や、水による被害が過去にどのよう…

内容で変わる手数料体系とエージェント制のソニー不動産は順調な滑り出しかな

photo by Jami3.org ソニー不動産 事業開始1カ月で反響600件 - 住宅新報web | 売買仲介 反響600件だそうです。 成約数が未公表なので実態は不明ですが、今のところマスに対する宣伝らしい宣伝も打ってはいない状態でこの数字は順調といえるでしょう。 内容に…

賃貸でも分譲でも戸建てでも 町内会・自治会にまつわる話

以前にタワーマンションの住民間の問題は、普通のマンションにも戸建てにもあるという話を書いたのですが、そのうちのひとつご近所問題は、町内会・自治会に関するものが少なくありません。 以前にゴミの収集が町内会に入っていないと行ってくれないという話…

空き家問題 撤去の補助金制度の難しさとアイディア

空き家が増える問題は社会問題として定着してきた感じです。 毎日新聞の9月21日付けの記事によると、355もの自治体で空き家に対する指導や撤去を条例に盛り込んでいるそうです。 空き家:条例化317自治体、撤去費補助導入3割 - 毎日新聞 問題のある空き家…

不動産ニュースいろいろ 空き家巡回サービス・不動産サイト・分譲vs賃貸

なんだか急に秋めいてきて気持ちのいい日が続いています。 今年の夏はこの辺りは湿度が高くて大変でしたので、からっとした大気がありがたいです。 これで急な雷とかがなくて、寒暖の差がもう少し穏やかになってくれればいいのですが。 photo by blmiers2 三…

経済格差に起因する問題はタワーマンションでなくてもどこにでもある構図

超高層マンションは格差社会の縮図 - マンションチラシの定点観測 | マンション選びのお役立ち情報ブログ 少し前の記事なのですが、超高層マンションの問題点について触れられています。 ただマンションの構造に由来する問題はよくわかるのですが、経済格差…

簡単には解決できないゴミ屋敷と親の家の片付け問題

photo by Andrew Middleton 氏名公表、過料も徴収 京都市ごみ屋敷条例案の課題 : 京都新聞 ちょくちょくテレビなどでも取り上げられるゴミ屋敷ですが、足立区などに続き、京都市でも本格的に条例で動き出すようです。 テレビではバラエティ的な感覚で放送さ…

地名が教える自然災害~けれども漢字を信用しすぎない方がいいかも

Yahoo!ニュース - 変わる地名 消える災害サイン(2014年9月4日(木)掲載) 広島豪雨災害:「八木蛇落地」の地名が変更されたのは江戸時代以前では - 顧歩日記 広島の災害で話題になりましたが、地名がその土地の過去の災害を表しているというのは以前からよく言…

借主に理があっても敷金の取り戻しは難しいこともある

民法改正の報道を受けて、敷金の返還請求に関する話題がいくつも出ていました。 東京新聞:敷金返還ルール明記 法務省「約款」も民法で定義:経済(TOKYO Web) 現状の賃貸における敷金の扱いには不条理なところが多く、経年劣化による損傷もさることながら、汚…