読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

不動産のようで不動産でないお墓の話

雑多な話題

f:id:silvertea:20140823191825j:plain

私自身は先祖供養などにはまったく無頓着なのですが、数年前から一族の墓地の管理をするようになって、お盆には管理費を納めつつ掃除をしに行くようになりました。

お墓は隣の市の駅から近いお寺で、電車で行けるレベル。それこそ学生時代の通学よりも短時間で行ける範囲にあります。

現在、駅前はすっかり寂れてしまい、隣接のマンションの1階ですらまったくテナントが入らない状況。

ローカル線でいつ廃線になるかはわからないのですが、仮にそうなっても、代替えでバスは走る(はず)でしょう。

 

ちなみに、うちは墓地のあるお寺の檀家ではありません。ですが、元々実家のすぐ近くのお寺であったために、昔からそこにお願いしている状態です。

檀家ではないので、檀家の家と比べて管理費が少し高くなるのですが、それでも一般的な金額で、街中にあるので便利です。

周りの人の話を聞くと、交通の便の良い場所のお寺は空きが少なく、永代供養墓も順番待ち。しかも檀家でない家だと、お墓を用意するのもなかなか難しく、門前払いもあるという話しでした。

うちは一族が日本各地に散らばってしまっているものの、完全に私の家が管理を任される形ということもあり、このままお墓は動かさないでおきたいと考えています。

 

ところで基本的にお墓の土地は不動産としての扱いではなく、あくまでも墓地としての使用権という形です。

現在は個人の所有する土地にお墓を建てることはできません。

(納骨をしないのならOKですが)

ですので永代使用料を払い、墓地として使うための土地の使用権を借りているような状態です。

引き継ぐときも、相続という言葉を使わず継承と呼ばれます。

どれだけ小さくても実際は土地であるので、なんだか変な気分ですね。