読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

代ゼミの校舎閉鎖は本当に先見性によるものだろうか

ニュース四方山

代々木ゼミナールが大幅に予備校と職員を減らすというニュースを受けて、これは代ゼミの先見性による計画的な経営方針だという話題が賑わっていました。

  

【驚愕】代ゼミの恐るべき先見性。予備校から不動産会社に華麗な転身か。既に実績多数。 : 大人のまとめ新聞

 

代ゼミは、将来の少子化を見込んで駅前の一等地に予備校を所有しており、ホテルや貸しビルなどに転用が可能。すでにいくつも実績有り、というもの。

 

なるほどと思う反面、あまり安易に受け取るのもどうだろうかと考えています。

 

上記の推測が正しいのならば、如何せん、今回の件はハードランディングすぎてリスクもバカになりません。

たしかにこれまでもいくつもの大手企業が時代の趨勢に合わせて事業の大転換を行っています。

ですが従来の事業も運営しつつ、他事業の占める割合を増やしていくというのが常套で、ここへ来て一年で20校を閉鎖し400人規模のリストラというのは、予想よりも厳しい現状なのかもしれません。

人気の講師が別の予備校に流出している話しもありますし、計画を前倒しせざるを得ない状況に追い込まれているのではという感じがしています。

 

すでに実績があり、子会社により運営がなされているとはいえ、会社全体がこれまでの受験産業からホテルやビル経営へと思考を切り替えるのは、決して楽なことではなく、どれだけノウハウの蓄積や人材の育成ができているのかという心配はあります。

 

そもそも少子化もさることながら、日本の人口減少という問題もあるため、果たして転身した業種がブルーオーシャンなのかという問題もあります。

 

他にも万が一に備えて一等地に不動産を所有している企業は多いのですが、今後、似たような動きがあるのかどうか、タイプの違う経営をしている河合塾など他の予備校も含めて気になります。