読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

業者に紹介される住宅ローンを選ぶ人もリテラシーは低くない

 【オールアバウト、SBIモーゲージ共同調査】 「住宅ローンに関する調査」を発表 ~自分でローンの借り入れ先を探して決めた人は「金融リテラシー」が高い~ ~業者から紹介されて選

 

オールアバウトとSBIモーゲージの共同調査による結果が公表されています。

結論として、自分で住宅ローンの借入先を選択する人は金融リテラシーが高い、ということになっています。 

ですが結論とは異なり、ほとんどのアンケートで、せいぜい1割前後しか違いがなく、あまり意味のない調査結果になっています。

むしろ自分で借入先を選択している人が、金利や経済情勢に興味がない人がそれなりにいるという方に驚いています。

 

推測するに、この調査については、オールアバウトがSBIモーゲージとの共同調査によるために、あらかじめある程度予想される結論が期待されているように思います。 

不動産業者の提携ローンでSBIモーゲージをイチオシしてくるところはあまりないではないでしょうか。

ある程度の規模の不動産業者ですと、都銀の提携ローンをもっともプッシュされることが多いように感じます。

元々、借入先を自分で選ぶ人の方が金利や借り換えにも関心が高いのは当たり前であり、SBIモーゲージとしてはプッシュしてくる提携ローンより自分で選んで決める人が賢いというイメージ作りをしたかったのではないかと考えているのですが、それにしてはむしろ予想よりも差がなかったという感じです。

 

よくよく考えてみると、不動産業里の提携ローンを選択する人が金融リテラシーが低いということは必ずしもありません。

提携ローンは、当然のことながら不動産業者にマージンが入ったりするのですが、その分、利用者にもメリットは少なからずあります。

専用の金利であったり、なにかと融通が利きやすいのはもちろんですし、やはり提携ローンでは審査のスピードが早くなったり、基準が甘くなるというのは実感しています。

ですので比較検討した結果、イチオシしてくる提携ローンを選ぶ人も多いのではないでしょうか。