読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

1万円起業を絶対にオススメしない理由

http://www.flickr.com/photos/37996646802@N01/327260700

photo by cogdogblog

私は実家が吹けば飛ぶような零細企業の経営者なので、それなりの規模の会社勤めの人がうらやましいのですが、それでも独立起業を考えている人というのはずいぶんと多いのだなという印象です。

特に会社法が改正され、1円からでも法人設立登記が可能になって以来、独立して会社を興したいのだけどという相談を受けることがでてきました。

某有名ブログでも、先日1万円起業の書籍が紹介されたこともあります。

 

ですが、1万円起業のような資本金をほとんど持たない法人設立は絶対におすすめしません。 

少額の資本金で設立登記をしてしまうと、すぐに困ることが出てくるからです。

 

資本金の少ない設立直後の法人は信用がないも同然 

会社にすれば信用度があがる、というのが法人化のメリットですが、実際のところ、設立直後の法人では信用が無いも同然です。

 

銀行口座の作成

事業資金の借入

新規取引先の調査

 

資本金1万円での会社はこの辺りが困難になります。

 

昔は法人の資本金は、株式会社が1000万円、有限会社が300万円が最低でも必要で、設立の準備もかなりたいへんでした。

ですので法人であること自体が信用を生み出していたのです。

しかし会社法が改正されたことで、資本金も1円から、特に流行の合同会社では登記に係わる書類も簡略化され、以前と比べると簡単に設立ができるようになりました。

そのために設立したばかりの法人の信用は低く、特に資本金の額が少なければ尚更のことです。知らない人から見れば、本当にビジネスを行っていくつもりがあるのか、もしかするとペーパーカンパニーではないかと疑われるのは想像に難くありません。

 

資本金が少ないと銀行口座の開設に手間と時間がかかる 

上記の件で一番困る可能性が高いのは銀行口座の作成でしょう。 

すでにフリーランスで活動しているとか、融資を受ける必要がない事業でしたら、そう問題はないでしょうが、どんな業種でもほぼ銀行口座は必要になります。

以前でしたらどの銀行でも、必要な書類さえ揃えれば、すぐに口座をつくってもらうことができました。

しかし最近では詐欺やマネーロンダリング等のに利用されることを防ぐため、法人は個人以上に厳しく審査されるようになっています。

 

特に都銀では、設立間もない会社の口座開設はかなり難しくなっています。

会社近くの地方銀行、信用金庫、あるいはネット専業でも、資本金の額が少ないと、開設までに手間と時間がかかる可能性が高いです。

私の知り合いの方は、10万円の資本金で登記したために、実際に行員の方が訪問され、資金繰りをあれこれ聞かれた上に、さらに証明書の提出を追加で求められ、2週間以上経ってようやく認められたという例がありました。おかげでスタートが予定よりもかなり遅れてしまうという状態になり、かなり苦労をしておりました。

 

目安はフリーランスで50万から100万くらい

では目安としていくらくらい資本金を用意すればいいかですが、フリーランスでしたら、50万円から100万円くらいあれば無難かとおもいます。

もちろん設備投資や当面の収入が見込めない事業形態によっては、もっと多額の資本金が欲しいところです。

 

もちろん設立後に資本金を増資することは可能ですが、手間と手数料を考えれば、登記の時にしておく方がよいでしょう。

スタートアップ時はなにかと忙しくお金も必要ですから、時間と予算は節約できるならそうしたいものです。