読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

不動産投資の成功者は才能があって努力もする人

REITvsサラリーマン大家、お得な不動産投資は? ふくぶく家計への全課題[2]:PRESIDENT Online - プレジデント

前々から不動産投資はサラリーマンの副業として難しいと言い続けている私としては、この記事を読んで、そんなに儲かるんだ! 早速投資用物件を買おう、と思われる方がいらっしゃらないことを祈ります。

 

コメントをされている石川貴康さんは著書もあり有名な方なのですが、この記事はなんとなく都合の良い部分を切り取っているだけのような気がします。

プレジデントの記事を鵜呑みにする前に、別のところで連載されていた石川さんのコラムを通読された方がよいでしょう。

石川貴康 | 楽待不動産投資新聞

これを読むと、石川さんの不動産投資は一般的なサラリーマンの副業というレベルではありません。特に一棟レベルになると、実際連載の第7回に、

ワンルームは投資、一棟ものはビジネスという感じ

などと書かれています。

コンサルタントが本業とされていますが、不動産も本業のひとつ不動産経営と捉えて読むべきです。

http://www.flickr.com/photos/92822489@N00/4801299554

photo by naoyafujii

 

他にもコラムや著作を読むと、石川さんは様々なリスクをしっかり計算されていますし、独立されているので自分の裁量で動くことができます。

たとえば木造物件の管理費を安く上げるために自分で掃除など、真似を使用としても、サラリーマンの副業ではなかなかできません。最近忙しいから今月はサボろうというわけにはいかないですからね。

それに住人同士のトラブルなどは土日も平日もおかまいなしです。

 

プレジデントの記事の図にある見積もりもちょっと甘いです。

中古で築27年の木造アパートですとよほど物件に魅力がなければ黙っているだけではなかなか入居者が決まりません。

年数が経つにつれさらに空き室のリスクが高まりますし、維持管理費も増加していく一方です。

仲介会社に働きかけるなど相当の営業努力が必要ですし、おそらく20年間の間に家賃を下げる必要性も出てきそうです。

 

そして最大のキモである、

最初は全額自己資金での投資、ワンルームマンション、立地のよい中古物件でスタートする

こうした物件を見つけるのが実のところ本当に困難です。

 

不動産投資に必要なのは努力と才能と運

たとえば株式で有名なB・N・Fさんのような才能が、不動産に対してあるのでしたらいいのですが、そうでないのでしたらやはりやめておいた方が無難でしょう。

結局、不動産投資も努力と才能、そして運が必要です。

 

ちなみに石川さんの言葉で我々のような一般人が参考にできそうなのは、住宅ローンを組まなかった、つまり与信枠を安易に使わずいざというときのためにとっておいたことが、もっとも為になりそうです。