読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

旧日東倉庫は移築という手段は採れないのだろうか?

小ネタ

不動産の小ネタとして横浜の旧日東倉庫について、書こう書こうとおもいつつ、すっかり時期を逃してしまっていたら、Yahoo!のトピックに出ていました。

 

旧日東倉庫についてはYahoo!に出ていたニュースよりもこちらの方が詳しいレポートが載っています。


解体が報じられた、横浜最古の倉庫「旧日東倉庫」の歴史を探る!【後編】[はまれぽ.com]

港町横浜最古の倉庫ということで、建築史上の価値もあるので、なんとか解体を止めて保存できないかということです。

生糸貿易は日本の近代史においてだけでなく世界史的にも重要な商取引でしたし、最近でも富岡の製糸工場が世界遺産に登録されるなどのできごとがありましたから、できればこの倉庫は残して欲しいところです。

 

この問題がこじれてしまったのは、元々、三井物産側が市の介入を断り自社管理をしていく方針であったことが、 解体を前提に不動産会社のケン・コーポレーションに売却してしまったことが原因のようです。

 

保存運動の方はいろいろと案が出ているようですが、ケン・コーポレーションも解体を前提に購入しているだけに、そう簡単に縦には首を振らないでしょう。

http://www.flickr.com/photos/9179698@N07/792493927

photo by G O L D T O P

保存運動でどういった案が出ているのかわからないのですが、ひとつの案として、移築という方法は採れないのでしょうか。

重要文化財(建造物)の活用について:文部科学省

移築にはその文化財にあった環境も考慮してということですが、やはり建物の使用されてきた意義を考えると、横浜のこの場所がいいのでしょう。

それでも近辺の移築が難しいとなると、明治に建てられた倉庫ですから愛知県の明治村というのも候補として悪くないようにおもいます。 

和の住まい設計:稲上建築設計事務所 | 登録文化財の移築

 

もちろん移築もタダというわけにはいかず、技術的なことや権利のこと、そして当然費用が出ますから、そうそう気軽にできることでもないのですが、金銭面さえクリアできればいけるのではないでしょうか。

もっともその金銭面がもっとも難しいところのような気もしますが。

下手をすると相当の額の予算が必要になるかもしれないという危惧はありますが、うまくいけば、これがもっともよい解決方法ではないかとおもいます。