読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

リノベーションマンションは購入前に建物自体のチェックをより念入りに

物件の選び方

 

リノベーションマンションを買ったのは、どんな人?何を評価した? | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

リノベーションマンションはここ最近急激にブームが訪れています。

中古マンションの市場にも、リノベーション済み、あるいは○月リノベーション予定、と書いてある物件が増えました。

http://www.flickr.com/photos/53969057@N00/6962526123

photo by erikau 

リノベーションマンションのメリットとしてはリノベーションの費用がマンションの代金に上乗せされるため、住宅ローンに含めることができる

あらかじめ改装された部屋に入居でき、特に内装にこだわりがないのなら、業者に頼む手間が省けるのは助かります。

 

逆に、仲介業者を通す場合は、仲介手数料が増えてしまう点や、自分好みのリノベーションとはいかないところがデメリットになります。

 

そしてなにより気をつけるべきは、部屋はリノベーションされていても、建物自体は古いままだということです。

たとえば先日紹介した婚活マンションのように、部屋は綺麗になっていても、建物は年月が経っているところが多いですので、特に耐震性は気になるところです。

 

部屋の内覧の際には、部屋の内装に目を奪われないようにして、建物そのものもチェックや、これまでどのくらい修繕されているかなども聞き出しておく必要があります。

建物自体がネックで売れにくい場合に、リノベーションをして売るということもありますので、気をつけてください。

 

逆にリノベーションをしてから売却しようと考えている方も、本当にそれで売れるのかどうかよく検討をするべきです。

やはり建物自体が魅力が薄い場合、金額が上がる分、かえって買い手がつかなくなったということもあります。