読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

まだ地方で消耗しています、ですが地方移住も場所を選べば悪くはないです

小ネタ

ええっと、いったいなにが起こったのでしょう?

仕事がおわって何気なくブログを確認してみたら、急激にアクセス数が伸びていて、しかもたった1日でこのブログを始めてからこれまでのPVの合計を軽く抜いてしまったので、かなり驚いています。

 

昨夜の記事では、あまり言葉を選ばずに気軽に書いたので、炎上でもしてしまったのかとヒヤヒヤしています。

 

ドキドキが収まらないのですが、本題へ。

f:id:silvertea:20141210233954j:plain

 

ここのところ、住宅ローン破産を避ける話を書いているのですが、首都圏では賃貸でも購入でも、どうしても住居にかかる費用が高くついてしまうのは避けられません。

有名ブロガーさんの東京で消耗している件ではないですが、住宅ローンに苦しむのでしたら、いっそ売却して清算し、地方へ生活基盤を移すという手段もあります。 

 

もちろん闇雲に移住すればいいというものではなく、それぞれのイメージする生活に適した場所を検討することが必要でしょう。

 

たとえば私の住む中京地区は首都圏と比べてると平均収入はやや落ちますが、仕事に恵まれていますし、それでいて不動産価格は賃貸も含め首都圏よりもかなり安いです。

前にも書いたとおもいますが、実際に首都圏から引っ越してきた人が、こちらはマンションが安いとよろこんでいました。

 

地方ほどコミュニケーション能力が必要になる

地方で暮らすのにたったひとつの大切なことを述べるとしたら....

 

身も蓋もない話ですがそれはコミュ力です。

 

人間社会で生きていくのにはコミュニケーション能力は欠かせないのですが、地方になればなるほど、その能力が重要視されます。

 

話を合わせる同調力とかもそうですし、ちょっとした付き合いに顔を出したりすることは、地方になればなるほど重要になります。

私が住む周辺も昔からの人が少なくなり、各地からの転勤してきた人が多く、だいぶドライになっているのですが、それでもまだ田舎の雰囲気は微妙に残っています。

(さすがに一昔前のイメージだったトラック何台もの引き出物が廻るような派手な結婚式とか、新築で盛大にお菓子がまかれるようなことは、私が子供の頃でももうめずらしいことでしたが....)

 

などと書きながらも、実は私はそれほどコミュ力が高くないというか、仕事でなければ人と話さなくても平気な人間なので、地方的な人付き合いはあまり得意ではありません。

地方で移転したら? といいつつも私自身は「まだ地方で消耗し続けています」という寸法なので、あまり強くは言えないところでもあります。

 

親戚が引っ越した街 

私の親戚はむしろ進んでかなりの田舎へ家を建てて引っ越しました。

町内会に入るのも何十万とかかるような場所で、行事も非常に多い街です。

 

どうしてその街にしたかというと、まずは土地が安いことです。

親戚の家族の趣味がガーデニングと農作物の栽培のため、広い土地を購入したのですが、仮にこれまで住んでいた辺りに同じだけの土地を手に入れようとしても、とても購入できる額ではなかったこと。

そしてもうひとつの理由が、職業柄、家を空けることがよくあるためです。

親戚はとある企業のエリアマネージャーをしており、家に帰れないときがしばしばあります。

自分が家を空けているときに、なにかあったとき、町内の人が頼りになると。町内会費は高いのですが、その分、互助の精神が強く、助かるのだとか。

 

具体的なことは書けないのですが、親戚から話を聞くと、そこは本当に現代日本なのかと驚くことも多く、私にはそこで暮らすのはちょっと無理です。

ただそれが苦にならず益になるのなら、むしろ積極的に選択肢に入れるのは悪くないことだとおもいます。

なにしろ親戚の家族はとても充実して暮らしているのですから。