読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

零細企業経営者や自営業者の住宅ローン:最難関は都銀よりもむしろ...

住宅ローン

以前、不動産業者の方と話していたときのことです。

「住宅ローンの審査、公務員ですとこちらがダメかなとおもっても、意外と通ってしまうことが多いんですよね」 

という話を伺いました。

借入額が収入に対して多かったり、借金などがあっても、案外審査に通過してしまうそうです。

http://www.flickr.com/photos/22127803@N02/5280927416

photo by MoneyBlogNewz

さすが親方日の丸は強し、とそのときは思ったのですが、逆に零細企業の経営者や自営業者は住宅ローンの審査が厳しいということでもあります。

 

まずはメインバンクたる信用金庫へ

経営者や自営業者にとっては、一般のサラリーマンより金融機関による扱いの差が激しいように感じます。

あくまでも私の体感と同業者から聞いた内容などを総合しての話ではありますが、審査の通りやすさは次のようではないかと考えています。

 

 信用金庫>地方銀行>都市銀行>ネット専用銀行

 

これは予想の範囲内だとおもいますが、零細企業の経営者や自営業者にとって、住宅ローンの申込みをまずすべきは、やはり会社や商売用の口座のある信用金庫つまりビジネスのメインバンクです。

ビジネスが上手くいっているのなら、このメインバンクの担当者に相談してみるのが一番です。

普段からビジネス融資や税金の払い込みなどを通して取引があるため、中身を知っているだけ審査がしやすいというのもあるのでしょう。

 

ネット専用などの新形態の銀行は難しい

逆にわからないのがネット専用銀行です。

(ネット専用と書きましたが、実店舗のある最近の新しいタイプの銀行を含みます)

このネット専用銀行が一番難関なのではないかとすらおもいます。

低金利と利便性で人気の高いネット専用銀行は、一般的には審査がそれほど厳しくないイメージがあります。審査基準も明確に打ち出されているところも少なくありません。

しかしそれでも落とされたという話をよく耳にします。

私自身も同時期に申込みんだ住宅ローンが、一般に最難関といわれる都銀に通って某ネット専用銀行で落ちたことがあります。

それこそ確認の電話がかかってきたときに、会社の規模を伝えたところ、もうけんもほろろの状態でした。

融資関連で断られたのは、実家が法人化した直後に1度あった以来、2回目だったのでかなり驚きました。

 

自前の与信能力の有無が影響か 

その理由として、ネット専用銀行などでは自前で与信のノウハウが蓄積されていないため、属性(主に勤務先の規模)頼みのスコアリングになるからと考えています。

信金の担当者とこのことで話しをしたことがあるのですが、

「わたしたちなら、地元で商売をされている人のことなら足で調べたり、人づてに聞いたりもできますから」 

ということを言っていました。

また上記の都銀に申し込んだ際の担当者は、貸借対照表をかなり読み込んで、様々な突っ込んだ質問をされました。

しかしネット専用銀行のときにはそんなこともなく、電話で即座にという形です。

どの住宅ローンも審査をスコアリングだけで弾くことはない、という回答をどこかで見たのですが、これはおそらく建前上かもしれません。

 

とにかく零細企業の経営者や自営業者は、なにはともあれまずはメインバンクに相談というところでしょうか。

 

長くなってしまいましたので、審査に通りやすくする方法については、また後日、別で書いてみたいとおもいます。