読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

サウジアラビアの原油減産拒否の意思表明、もう1バレル100ドルには戻らない

 

CNN.co.jp : 原油「決して減産せず」 サウジ石油相が断言

 

そろそろ原油の価格は下げ止まるのかなという雰囲気が出ているのですが、先週にはサウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相が、各国のメディアに対して減産拒否の強い表明を行っていました。

 

先月末にOPECの総会で減産が見送られたことはかなりの衝撃で、今月も大きく原油価格は下げているのですが、サウジはまったく妥協しない姿勢を改めて国外に見せているようです。

ベネズエラやアルジェリアなど減産を訴えている国もありますが、OPEC内でも強い力を持つサウジが押し切っている形です。

サウジアラビアとしても、北海油田の台頭時に価格維持のための減産をしたものの、かえって損を被った記憶があるため、シェアの確保のためにも譲れないところなのでしょうか。

 


減産は利益にならず、価格20ドルでも=サウジ石油相 | Reuters

 

シェールオイルも今後、さらに技術革新で採掘価格が下がる可能性もありますし、中国やヨーロッパなどの経済情勢を見ても原油の需要が急激に上がるようにはおもえませんから、まだまだ不安定な状況はかわらないかもしれません。

ヌアイミさんは(ポジショントークもあるでしょうが)もう1バレルあたり100ドルには戻らないだろうとまで言っています。

 

円安での輸入価格の高騰に苦しむ日本には、原油価格の下落はありがたいことですが、トヨタが販売している燃料電池車ミライのような新しいエネルギー事業には、しばらくマイナスになりそうです。