読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

フラット35の2015年2月の金利はさらに0.1%低下


住宅ローン:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

2015年2月のフラット35の融資率90%以下返済期間20年以内の最多金利が、1.10%となりました。
過去最低だった昨月よりもさらに0.1%も低下しています。

 

またフラット35sの同等条件での当初金利は0.80%にまで低下しています。

f:id:silvertea:20150202225748j:plain

何度か書いていますが、近いうちにフラット35sの金利引き下げ幅が、これまでの0.3%から0.6%へと拡大される予定です。

フラット35の泣き所として、手数料があるために実質金利が0.4%から0.5%ほど高くなってしまうのですが、それでも全期間固定の上に、フラット35s対象住宅なら5年ないしは10年間0.6%もの金利引き下げがあるのはかなり大きなメリットです。


1月の後半から国債価格が不安定で、来月の金利はどうなるかわからないとはいえ、今後のフラット35の動向が気になります。