読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

怖ろしい中古マンションマッチングサイト

不動産関連の問題

今日はあまり愉しい内容ではないことをはじめにお断りしておきます。

ハウスマートという中古マンションのマッチングサイトが話題になっていたので、期待して覗いてみたのですが、見事に裏切られました。
とにかく不動産のような高価なものを扱うサービスにしては、あまりに情報がなさすぎるのですが、それでもサイトとプレスリリースだけでも危険度が伝わってきます。


日本初、ユーザー同士が直接マンション売買をすることが可能となるWEBプラットフォームサービス『Housmart(ハウスマート)』βテスト版を提供開始|株式会社Housmartのプレスリリース

 

従来の不動産仲介ではないので、実際、どこまでなにをしてくれるのかはわかりません。徹底的にコストカットをうたっているので、現在の仲介業者が一般的に行っている業務のいくつかを行わないのだろうとは予測されます。

セルフ内覧だけでも大きなトラブルが予想される

そのなかで、はっきりしていることは内覧がセルフ内覧として、売り主と買い主によって行われるということなのですが、まずこれはかなりトラブルの元になりそうです。
売り主は、知らない相手を買い主候補として迎えるわけですし、マンションは売却決定後に引っ越される方も多いため、居住中の部屋を内覧することは少なくありません。
一般的な売却なら、ここで仲介業者が必ず立ち会うのですが、ハウスマートではセルフとなっていますので、売り主自らが采配しなければなりません。
見学者が紳士淑女ばかりならよいのですが、立ち会いの業者がいる状況でもあまり芳しくない話も多いですから、セルフ内覧となると売り主にとってかなりリスクの高い状況になります。
それこそ内覧後に物が壊れていた、あるいは、なくなっていたら、さらに怖いことになります。
また内覧時にはいろいろと質問があるでしょうし、逆に後々のトラブルにならないように、いくつかの注意をこの時点であらかじめ説明をしておく必要もあります。

有料のベータサービスで高額取引? 

そもそもベータサービスというのはどういうことなのでしょう。
しかも料金は普通に取るようですので、有料ベータテストということになります。
有料ベータテストなど、MMORPG黎明期の運営会社ではありませんが、適当に見切り発車して、直後にトラブル多発でストップなどという状況を揶揄する状況なはずですが、まさか不動産取引のサービスで見かけることになるとはおもいませんでした。

不動産のような高額の取引時にはトラブルがつきものです。
私自身、このブログでも書いたことがありますし、未だに書けないものも含めて、何度かトラブルに遭遇しています。
先に内覧でのトラブルの可能性を書きましたが、それこそ契約から実行に至るまでの方が、より重度のトラブルに遭遇する可能性が高いのです。

利用者からのフィードバックを参考にということですが、不動産は金額の桁が違いすぎる上に、訴訟沙汰に発展する場合もあり、人の人生を左右する可能性の高い取引です。ベータサービスだからなどという言い訳が通じるとはおもえませんし、それでユーザーをテスターにするという感覚が正直、信じられないものです。 

炎上からステマまで

ここからはちょっと下世話な話を書きますがご容赦を。

ここのサービス会社と社長さん、どこかで見たとおもいましたら、以前に何度か悪い意味で話題となったところでした。
このブログでも土地の広告の件で批判を書いています。 

しかも今月に社長さん自らKindle本を出されているのですが、今日現在5件のレビューがあって全員☆5つです。そしてレビュワー全員が、この社長さんの本だけか、あとはつい最近1冊だけレビューを書いている人たちばかりです。
この手のことをするなとは言わないですが、するならするでもう少しうまくやれないものでしょうか。

ちなみに上記のリンク先のプレスリリースですら、短縮URLを記載し、しかもミスがあるのですから驚きです。 

求められるのは真摯な態度で新しい試みをするサービス 

現在、不動産業界においては両手取引や重説をはじめ、いろいろな問題もあり、風穴を開ける新しい会社が求められているのは間違いないです。それこそ空き家を巡る界隈では、実際に動き始めているサービスも出てきています。
ですが無責任なサービスが横行し社会問題になれば、やはり規制をという声が強くなり、せっかくの新しい動きもしぼんでしまうでしょう。

不動産取引関連のサービスは、ひとつのミスで取り返しのつかない損害を生じることがあります。少なくともきちんと検証を行い、可能な限りのトラブルを想定し、その対策を考えた上でのサービスインが必要です。

従来の慣習を破る会社ほど、真摯な態度で臨んで欲しいと強く願います。