読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

FOMC通過で日本国債も反発利回り低下へ

ニュース四方山

f:id:silvertea:20150320000318j:plain

そろそろ来月の金利が気になる頃になってきましたが、フラット35をはじめとする固定金利に影響を与える10年長期国債の利回りが、ここへ来て低下しています。

大きな要因は18日のFOMCの声明でしょう。
「辛抱強く」の文言が削除されたことで、少なくとも6月までは利上げはないということや、景気判断が引き下げられたことなどから、利上げ時期は秋頃に後退したのではないかという見方も強くなったことで、米国債が急騰しました。

あいかわらずいつもの一言一言の解釈ではあるのですが、日本国債もこの影響を受けて先物が高騰。さらに長期超長期国債の買い入れ通告もあって、今日の10年国債の利回りは一時0.310%と一ヶ月ぶりの水準まで低下しています。

今年に入り国債価格と利回りが不安定な状態を続けていますが、リートにも影響がありますし、今の日本経済自体が金利の高騰で危険状態になる可能性も高いですので、なるべく落ち着いていてもらいたいものです。