読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

次の追加緩和で超過準備の付利は撤廃される?

金融機関は、預金残高に対する一定の割合以上の金額(法定準備預金額)を日銀の当座預金口座に預け入れておかなければなりません。
この法定準備預金額を超えた預金(超過準備)には、2008年10月から所定の利子が支払われるようになっています。

日本銀行当座預金とは何ですか? 利息は付きますか? :日本銀行 Bank of Japan

f:id:silvertea:20150407115654j:plain

昨年の秋の追加緩和は大きな衝撃を持って迎えられましたが、それ以降も目標であるインフレ率はなかなかあがらず、早くも更なる追加緩和の声が上がっています。
とはいえ、今でも国債市場はかなり不安定となっており、これ以上の購入額の拡大には慎重な見方が強く、国債等の買い入れ以外の手段も検討されていると言われています。
そこでこの付利を撤廃、あるいはマイナス金利を導入し、超過準備分を日銀の当座預金口座から市場に供給すべきというのが主旨です。

とはいうものの、付利の撤廃には問題もあります。
現在、日銀は金利の誘導をマネタリーベースで行っています。
マネタリーベースは、乱暴に言えば日銀が発行している通貨プラス日銀の当座預金になります。
マネタリーベースの金額は日銀の目標を上回る数字で増えていますが、付利の撤廃、あるいはマイナス金利の導入は、マネタリーベースを減少させる可能性がありますので、日銀としてはこれ以上のリスクは避けたいところです。

またそもそも付利を撤廃したところでその分が貸出に出回るのかという問題もあり、効果そのものが疑問視されています。
実際、黒田総裁は付利の撤廃に関してはまったく考えに入っていないという発言をしていますし、相反する方針は採らないだろうというのが現状のようです。

付利以外の方法となると、国債を中心に、ETF、J-REITの買い入れで行っているのですが、それ以外に財投債や地方債といった債権も考慮しているようです。

www.mof.go.jp

また社債なども検討されていると言われています。

このブログ的にはリートの額を増やして欲しいところですが、リートは流通量がそれほど多くないため、国債以上に早く流動性が失われる可能性があるので、あまり声を高らかにできないところが残念です。