読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

コメダ珈琲ではクレジットカード、電子マネーでの支払の導入がはじまっているようです

先週、カフェや喫茶店の大手チェーン店でクレジットカードや電子マネーでの支払ができるようになるべき、という話題が賑わっていました。

コメダ珈琲以外のチェーン店の事情をそれほど知っているわけではないのですが、興味深かったので合間を縫って、おもったことを少し書いてみたりしようと。


私の意見としては、サービスとしては導入するべきですが、経営側にとってはあまりメリットは多くなく、今のところは売上の増加にはつながる可能性は低い、というところです。

私も普段はカードや電子マネーでの支払いを基本にしていて、あまり現金を持ち歩かないようにしているので、火付け役(?)のクレジットカードの読みものさんの論調はわからないでもないのですが、そこまで性急なものであるともおもえません。

そもそもコメダや他のチェーン店を利用しない人にとって、利用しない理由はそこではない別の理由、たとえばその店のコーヒーが好みでないとか、雰囲気が好きではない、といった理由ではないでしょうか。
私自身はコメダ珈琲を個人的にも仕事やプライベートで利用することが多いのですが、カード払いできないからといって止めるということはありません。

もし今後、問題があると考えると、それは現金の利用が日本国内全体で少なくなってきたときでしょうか。政府としては現金決済から、金銭の移動を把握しやすい電子決済へと移行を進めていきたいのは間違いないでしょうが、それはまだ少し先の未来ではないかとおもいます。

http://www.flickr.com/photos/43481040@N06/5541742133

photo by Haya_BS

サービス導入のメリットはほどほど

現時点で、サインレスのクレジットカード払いや電子マネーの導入でのメリットとしては、会計が早くなるという点でしょう。

レジではたいてい10円単位の金銭のやりとりになるために、硬貨のやりとりをしていると、案外、時間がかかってしまいます。
なのですが、昼食時のような混んでいる上に時間にゆとりがないときを除くと、会計時に行列ができる、ということはあまりありません。
夕方にひっきりなしにレジに客が来るスーパーでは効果があっても、コメダをはじめとする喫茶店やカフェではそこまで有効ではなさそうです。
個人的な印象論ですが、コメダで小銭でぴったりと支払をしている方は少ないように感じています。1000円札を出しておつりを受け取ることの方が多く、逆にスーパーのレジでは小銭を払う方が多い気がするのですが、どうでしょうか。

客側のメリットは、現金を降ろす必要がない、ポイントが貯まる、という定番的なものに落ち着きますが、店舗側のメリットとして意外と語られていないとおもったのは、釣り銭の補充が楽になる点です。
少額決済がメインで客の量が多い店舗にとって、硬貨を補充する手間はバカになりません。特に土日祝日など金融機関が休みの日には前もって計画を立てておかなければなりません。
学生時代に書店でアルバイトをしていたのですが、ある程度の予測をしつつ両替をしていても、どうしても実際にどのような支払がなされるのかまでは予測が付きませんので、厳しくなることはよくありました。

そもそも用意しておく硬貨の計算に時間を取られてしまいます。かといっておつりが出ませんという訳にはいきません。
最近では両替も手数料がかかるようになっているので、硬貨のやりとりの回数が少なくなるのでしたら、メリットになりそうです。

必ずしもメリットとはいえない点も

しかし、カードや電子マネー決済ができることによって、今後、さらに増えるであろう外国人をターゲットにというのは導入コストとの兼ね合いを考えると微妙なところです。

外国人観光客を相当数見込める立地ならばいいのですが、そうでなければ語学力やその他の知識や能力を必要とする従業員を用意することも必要ですし、かえってコストの方がかえって高く付いてしまったり、ひどい場合は人材不足に陥る可能性もあります。
ですので、あえて狙わないことも戦略としてはありかとおもいます。

コメダ珈琲ではクレジットカード電子マネーの試験導入を開始している 

最後にタイトル回収を。 

私自身は確認していないのですが、コメダ珈琲でもクレジットカードや電子マネーの導入テストは始まっているそうです。

【コメダ珈琲】クレジットカード・電子マネー払いが可能に~「KOMECA(コメカ)」もはじまる | 行政書士 大倉亮太の日記 | 大阪で建設業許可・宅建業免許申請なら【行政書士大倉事務所】

JCBと提携してKOMECAというプリペイドカードをはじめた関係のようです。
まだ支払システムが導入されているのはごく一部ですが、このKOMECA対応の店舗では、クレジットカードや電子マネーが使えるとのこと。公式には発表されていないテスト段階のようですが、好評でしたら他の店舗にもひろまっていくのではないでしょうか。

また、名古屋駅の地下街のエスカ店ではEdyやQuickPayなどが利用可能です。

エスカ~コメダ珈琲店

以前にも、何度か名古屋のモーニングを体験してみたい、という方を案内したことのあるお店で、場所柄、固定客以外の方も多く利用する関係からでしょうか。

そんなわけで現時点ではそこまでクレジットカードや電子マネーでの決済導入をするメリットは小さいでしょうが、将来的に緩やかながら導入する会社は増えていくのは必須かなとそう考えています。