読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

海外の銀行口座開設の勧誘にご用心

避けられない面倒ごととして、定期的に来るよろしくない商品やサービスの勧誘を断ることです。
そのなかでも、前にも書いたかもしれませんが、よく来るのが香港の銀行に口座を開くツアーのお誘いです。

勧誘者の言い分は、

まもなく日本国債が暴落して国内の銀行が閉鎖されるので香港の某銀行に口座を開設し、そこに資産を預けましょう。
口座の開設は銀行にコネクションのあるスタッフがサポートしますし、口座を開設してしまえば、日本にいながらでも郵便局のATMから出し入れできます。
なにより香港では利子に税金がかからないのでお得です。

と、これだけでもひどいのですが、さらに、

それに銀行から送金すると税務署に知られて税金がかかりますから、このツアーでこっそり現金を持って行って預けてしまえば、相続対策にもなります。

などという、とんでもないことを付け加えられたりもします。
もちろん無申告で100万以上の現金を国外へ持ち出すことは違法行為です。

http://www.flickr.com/photos/91391563@N00/10244355

photo by James Byrum

たしかに日本国債は暴落するかもしれませんし、ギリシャのように銀行で預金がおろせなくなることもあるかもしれません。

でも、日本がそんな状態になれば、日本に限らず世界中の金融機関が大パニックに陥るのは想像するに容易いです。

そのときでも香港の銀行が引き出しに制限がかけないということは考えにくく、ましてや外国人の口座で国外からの引き出しが放置されているとは、先日の上海市場の規制を思えば楽観的すぎるでしょう。

そうでなくとも一定期間使用していなかったり、不審な口座は、日本と異なり凍結されることもあります。
そうなると再度、現地に行って凍結を解除しなければなりません。
支店によっては日本語のわかるスタッフもいるとはいえ、最低限の語学力がなければどうにもなりません。

それに税金がかからないといっても、あくまでも現地での話であって、日本に住んでいる以上、日本で税金を納める必要はあります。
申告しなければ当然脱税となってしまいます。

今のところこうした海外の銀行への口座開設は、現地に投資を考えるレベルの富裕層や、現地に生活拠点があったり、仕事や旅行で頻繁に訪れるということでもなければ、メリットはほとんどないかとおもいます。

http://www.flickr.com/photos/24257706@N07/5008824649

photo by twiga269 ॐ FEMEN #JeSuisCharlie

それとは別に、キルギスの銀行に口座開設というのを急にネットで見かけるようになりました。
日本の銀行からしたらかなりの高利回りということなのですが、当然のことながら、キルギス自体、カントリーリスクは高い国です。
外務省の渡航情報でもあまり推奨はされていない状況です。

www2.anzen.mofa.go.jp

キルギス政府による預金保護があるそうですが、日本円で20万円ほどだそうで、業者の手数料、さらに銀行の健全度のリスクは自己判断ということを踏まえれば、とても推奨できるものではないでしょう。
どうやらアフィリエイトがらみのようで、質問サイトでも見かけたのは、質問のふりをして誘導する自演なのかもしれません。

当然のことながら、リスクは香港などの東アジア沿岸部の都市にある銀行とは比較にならないほど高くなります。
正直、FXの国内業者で、高利回りの資源国の通貨をレバレッジをかけずにロングする方がずっと安心ではないでしょうか。
(もっとも、資源国の通貨はコモディティが下落の兆候を見せている現状では、タイミング的にあまりおすすめできませんが)

 

海外の銀行への口座開設はリスクとの天秤にかけるまでもなく、メリットがほとんど無いことの方が多いです。
うたい文句に惑わされず、本当に必要なのか、メリットがあるのか、もしもの際に自分の力で銀行側と交渉できるくらいの語学力があるのか、ということをよく考えてから、行動することをおすすめします。