読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

投資の王道を行くも勝ためには運が必要

経済

www.news-postseven.com

最初に資産を増やしたのが、リートだったということで、気になって読んでしまいました。
小型成長株への投資は目新しくも何でもなく、ごくまっとうな投資法のひとつですので、ちまたで言われるじゃんけんの勝ち抜きという表現はどうなのかなとおもいます。
少なくともテクニカルより投資の本質ではあります。

 

http://www.flickr.com/photos/61212260@N00/524210558

photo by Tobias Leeger

 

ただ運がよかったというのも事実でしょう。
退職金をつぎ込んではじめられたということなのですが、3000万円のうちの2000万円というのは、他に資産がないのでしたらかなり無謀な行為です。 
投資はどれだけ慎重に吟味しても、ちょっとした状況の変化で逆に動いてしまうもの。早い時期に悪い目が出ていたら、すべてが台無しになります。

この方は時期にも恵まれたという気もします。もし今、退職して始められていたらどうだったのか、それにこれからも、特に下落局面でも同じような方法でどれだけ勝てるかが鍵ですね。
とはいっても、現在のリートの利回りからして、リートは選ばなかったかとは想像するのですが...

投資はあくまでも余剰資金でするべきものであって、生活に直結するお金をつぎ込むのはかなりリスクの高い行為です。
アベノミクスで儲けたのは株をやっているやつばかりだ、という批判に対し、だったら上がるのがわかっているのにどうして株をしないのか、という反論をよくみるのですが、余剰資金がない家庭が多いのですから、それこそ投資ではなく投機になってしまいます。
福本先生のマンガでしたら最終的に勝てるかもしれませんが、現実には難しいでしょう。 

そういえば不動産投資の体験談も楽待を中心に増えているのですが、特に最近では、低収入だったのに多額のお金を借りて一発逆転で成功した話が増加しているようです。
ここまでくると成功している人の多くは投資ではなく不動産経営というべきでしょうか。少なくとも株式投資などよりもずっと頭も足も使わなければならず、本人の努力と運が必要なものだとおもいます。