読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

おすすめ歴史箱庭ゲーム ANNO1404(Dawn of Discovery)

今はスマホゲームが全盛の時代ですが、私はあまりこの手のカジュアルゲームがあまり好きではありません。
課金前提のシステムも苦手です。 

お気に入りのシリーズといえば、大航海時代とかCivシリーズのように、歴史モノの交易とか箱庭に弱いようです。 

今、もっとも注目しているのは、今月にも発売が予定されているGrandAges:Medievalというタイトルです。

www.4gamer.net

ですが、Steamでは日本語だとまだカートにアクセスすることができませんし、購入できたとしてもしばらくはのんびりプレイできそうにないのが残念ですが。

 

最近のお気に入りはANNO1404という街作りの箱庭系のゲームです。
日本では創世紀という名前で前世紀から何作か発売されていたシリーズで、私自身は最初のANNO1602(創世紀1602)はプレイしたことがあるのですが、とにかく難しいゲームだったという記憶があります。
そのためか、その後、続編が数年おきに出ていたのですが、それほど関心がなく、プレイすることなく終わっていました。

 

このANNO1404(北米地区ではDawn of Discovery)は、15世紀の中世ヨーロッパを舞台に、辺境の土地に街をつくり経営していくゲームです。

発売は2009年と少し古いタイトルですが、ゲームとしてもおもしろいですし、グラフィックスは当時としてはかなり高く、今でも最新のエンジンを使用したゲームと比べなければ、そこまで遜色ないレベルです。

 

実は体験版がまだ4gamer.netにアップされています。
なにより有志による日本語化パッチ(体験版用のもある!)もありますし、wikiもあるので操作にとまどうことはあまりないはずです。

体験版は、プレイ時間1時間でセーブ不可という仕様とはいえ、動作のチェックだけでなく、合う合わないや雰囲気の確認にはじゅうぶんです。
私は体験版のキャンペーンをプレイして購入を決めました。

 

4Gamerの体験版ページ 

www.4gamer.net

 

解説Wiki
http://seesaawiki.jp/w/anno1404/

日本語化Wiki
http://www40.atwiki.jp/annomod/

 

今、日本でANNO1404を購入するには、パッケージの輸入盤をアマゾンで購入するか、Steamでダウンロード版を購入するのが一般的です。
以前はイーフロンティアから日本語マニュアル付きが発売されていましたが、倒産してしまったために入手は難しくなっています。

ちなみに価格的には2015年9月現在では、アマゾンで輸入盤のGoldEditionを購入するのがもっともお得です。
ANNO1404(Dawn of Discovery)と拡張パックのDawn of Discovery - Veniceが入って999円です。
私はSteamで購入してしまいましたので、単体で1200円でした....

その分、アマゾン版の方は日本語化の情報が錯綜しているのですが、詳しい手順をレビューで解説されている方もいますので、なんとかなるのではないかとおもいます。

 

Anno 1404 Gold Edition (輸入版)

Anno 1404 Gold Edition (輸入版)