読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

2016年5月の住宅ローン金利は超長期が大幅に下落

5月の(と言っても、今月はアップが遅れに遅れもう1/3以上が過ぎてしまいましたが)住宅ローン金利は長期の固定金利の引き下げが目立つ月になりました。

10年固定型ではみずほ以外の大手は先月から据え置きですが、その代わりに30年以上の金利の引き下げが行われています。
30年前後の超長期の固定金利ですら、1%強とこれまでにないきわめて低い数字となっています。

変動金利の方は大手行ではとくに変化はありません。

全期間固定金利のフラットは、20年以下、融資率9割以下の場合最多取り扱いが0.96%と、全期間固定金利でありながら、ついに1%を切るという状態へ。
20年以上の長期でも1.08%となっています。

また、新規の取り扱いが伸び悩む中、各社、借り換え需要に活路を見いだしているフシがあります。

ここ6ヶ月の10年固定最優遇金利の推移(月初)
 12月1月2月3月4月5月
三菱東京UFJ 1.10% 1.10% 1.05% 0.80% 0.90% 0.90%
三井住友 1.10% 1.10% 1.05% 0.80% 0.90% 0.90%
みずほ 1.20% 1.05% 1.05% 0.80% 0.85% 0.80%
りそな 1.10% 1.10% 1.05% 0.80% 0.85% 0.85%
(参考:フラット35) 1.28% 1.27% 1.21% 1.02% 1.02% 0.96%

ここ1年の新発日本国債10年利回りの推移f:id:silvertea:20160512225913g:plain

マーケット情報 国債利回り : 三井住友銀行