読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

2016年6月の住宅ローン金利、大手各行は引き下げ、フラットは引き上げ

2016年6月の住宅ローン金利、指標となる10年固定型はみずほ銀行以外の大手各行が引き下げです。
各行の最優遇金利は、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行が今月も並んで0.9%から0.85%へ、りそな銀行も同じく0.5%引き下げて0.8%となっています。
みずほ銀行は先月引き下げたこともあり、今月は据え置きです。

反対に全期間固定のフラット35は金利が引き上げられることになりました。
長期金利の低下の鈍化が理由で、これは8ヶ月ぶりのことです。
それでも返済期間20年以下融資率90%以下の金利は、先月から0.03%アップした0.99%ですので、1%を切る水準です。

 

フラットは今月は引き上げられてしまいましたが、それでもマイナス金利を背景に、きわめて低い状態が続いています。
にもかかわらず、一方で新規の住宅ローン貸出額はこの1~3月期は前年度より3.5%減という結果が出ています。

www.nikkei.com

物件価格の高騰や賃金の低迷が背景と言われています。
すでに多くの人々から指摘されて久しいのですが、金融政策ではこれ以上の改善はもう難しいのが現状ですが、期待された経済対策も望み薄なのが気にかかるところです。

 

ここ6ヶ月の10年固定最優遇金利の推移(月初)
 1月2月3月4月5月6月
三菱東京UFJ 1.10% 1.05% 0.80% 0.90% 0.90% 0.85%
三井住友 1.10% 1.05% 0.80% 0.90% 0.90% 0.85%
みずほ 1.05% 1.05% 0.80% 0.85% 0.80% 0.80%
りそな 1.10% 1.05% 0.80% 0.85% 0.85% 0.80%
(参考:フラット35) 1.27% 1.21% 1.02% 1.02% 0.96% 0.99%

 

ここ1年の新発日本国債10年利回りの推移f:id:silvertea:20160602225646g:plain

マーケット情報 国債利回り : 三井住友銀行