読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンと不動産のニュースをまとめない

住宅ローン、不動産についての気になったニュースや話題をまとめるつもりでしたが、まとめられずに。

26年度下半期は住宅の買い時という答えが72%も でもこのアンケートの設問に意味あるの?

ニュース四方山

住宅市場動向調査:住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

フラット35の住宅金融支援機構が半年ごとに行っているアンケートの結果が公表されています。

今回の注目は26年度下半期は住宅の買い時かという設問で、一般消費者の72.3%もの人が買い時であると答えています。

理由として、住宅ローン金利が安いことと、今後消費税が10%に上がる予定だから、というのが上位に来ています。

 

ただこのアンケート、前々から気になっていることがあります。

 一般消費者の対象者が、

住宅取得を検討中の25~59歳の方

となっている点です。

となると当然、住宅の購入意欲がある人たちが前提なので、このアンケートの結果を安易に国内全体の割台だと考えてしまうのは危険です。

半年前のアンケートでも、26年度は買い時かという設問には、ほとんど同じくらいの割合の人がYesと答えていました。

正直なところ、無作為抽出でもない限り、あまり意味のない設問かとおもいます。

 

むしろ検討していない理由として、増税による家計の負担増などが上げられていることや、住宅事業者の受注販売見込みの方が興味深いです。